留学することで得られるプラス

subpage01

多くの人が留学しています。


就職においても、留学した人の方が有利になることもあります。では、なぜ留学するのでしょうか。
1つ目の理由としては、語学習得です。

その国の言葉を理解し、話さなくてはならない環境に身を置き、自然に言語に長時間ふれる中で語学習得を目指すというものです。



国内では異言語にふれる時間を意図的に確保しなくてはならない制約があることに比べ、これは優れた方法です。

朝日新聞デジタルの情報を今すぐ確認できます。

現地の人とコミュニケーションを取りながら楽しく学ぶこともできます。

2つめの理由としては、異文化にふれ、多様な視点や価値観を習得するというものです。

日本国内とは違う規則、慣習があり、これまで自分が当然と思ってきたことが否定されること、異なるバックグラウンドで暮らしてきた人々の考えに直接触れることは、自分の視野を広げ、違いを受け入れる寛容さをも育みます。


3つめの理由としては、海外での人脈作りです。

グローバル化が進み、求められる仕事に関わる分野も多岐にわたります。

自分の専門分野以外の人の知恵、助けが必要になることがあります。


時には外国人の助けが必要になる場面も出てきます。
このような場合において、多様な分野それぞれについて、精通した人とつながっておくことは非常に重要です。



いざという時に、自分にとってプラスになる可能性が高まります。
このように、留学することを通して、語学の伸びや多様な価値観、人脈など、たくさんのプラスを得ることができます。
積極的にチャレンジすることで、より留学は実りのあるものとなり、自分の将来の幅、世界観を広げてくれるものとなるでしょう。